読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた。

ネクラな母ちゃん。涙で明日が見えない。

剥がれ落ちそうな心に

感情爆発
情緒不安定



嫌だったこと
悲しかったこと
不快だったこと

そんなことばかりが
頭に次々と浮かんでくる


振り払おうと頭ごと振ったら
とんでもない吐き気がした。



やり場のない怒りと
吐き出す所のないこの思い



抱えきれないものを抱えて
どうして生きていけば良い?



心の闇はどこにある?

深すぎて、光も届かない。



もし1度だけ
今の私が過去に戻って
私を助けてあげられるなら


真っ暗で狭い押し入れ

ごめんなさいと泣き叫び
助けを呼び続けたあの時


そう、あの時。



ずっと苦手だった。



真冬の車の曇りガラスに
「たすけて」って書いたら
誰か助けてくれるんじゃないかって
いつも思って書いてた。


今でも、いつも、ずっと苦手。



あなたの罵る言葉を聞くたびに
ひどく不愉快で
伝えようのないくらい
真っ黒い感情がわきあがった


そんな貴方を
軽蔑すらしていた。


娘を産んでから
感謝の気持ちこそ芽生えたけれど
今でも分かり合えたと
思えたことはない。


どうしてか、苦手。


苦手。苦手。苦手。苦手。



嫌いというより苦手。

恨みにも近い感情。



だから、
不安で不安で仕方がない。



繰り返してはいけない。

せめて、この子だけは。


何があっても守るよと
誓って産んだ最愛の娘。


なのに、どうしてだろう



精神が安定しない時

触られるだけで吐きそうになる。



こんなにも愛しい我が子を
抱くことすらできない

弱すぎる自分にまた吐き気がする。



どうやってここまで生きてきたのか
思い出せない



いや、思い出したくないのか。

思い出したら、気が狂いそうだ。



毎日、笑えてなかったもんな…



吐き出したら楽になるかなーと
書いてはみたけれど
かなり滅入っているのかも




あぁ、空も泣き出したよ


一緒に泣いて眠ろうか


深い、深い闇の中で


二度と、朝が来ないように。