読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた。

ネクラな母ちゃん。涙で明日が見えない。

救いの手を差し伸べてくれるのはいつも君たちだけだった

私には
2歳下の弟と
6歳下の妹がいて

幸いなことに
きょうだい3人は仲が良いです。


と、いうのも
両親の喧嘩
(一方的に母がキレてるだけ)
を、毎日毎日見ながら育ってきた私達は

きょうだいで支え合っていないと
あんな家にいられなかったから。



そして昨日
私がこんな状況になってしまい
妹が心配して家に来てくれて。



一緒に育ってきたからこそ
分かってくれる部分がたくさんあって
本当に救われた。



この件に
妹を巻き込んでしまいたくなかったので
不安だったのですが

「私、あんまり気にしないから大丈夫」

と、笑いながら言ってくれた妹。



そんな彼女を
ずっと羨ましく思ってきた私。



妹のように
上手に生きられたらなぁって
いつも思ってた。



今でも覚えているのは
買い物に行った時

母が
「ドーナツでも買ってく?」
と、聞いてきて

「う~ん…いらない」
と、答えた私

でも、きっと妹なら
本当にいらなかったとしても

「後で食べるかもしれないから、いる!」

と、答えただろうな~
なんて考えたことがありました。



うちにはお金がない

って散々言われていたので
ドーナツひとつだって
自分から食べたいなんて
私にはとても言えなかったんです。



我慢することが当たり前で
甘えかたを知らずに育ったので
それが私なりの精一杯の答えなんだけど

きっと、そういうところが
母は可愛くないと思ってたって
なんとなく感じていました。


素直に答える妹のほうが
断然可愛かったはず。


結果、私とは
いつも反発しあってばかり。


結婚も、子供を産むのも
みんな妹のほうが先だったから

母から、妹と私を
比べられている感じもしていて

ずっと、そして今も
劣等感が消えない。



母本人は気づいてないけど

無意識に私を

お姉ちゃんなんだから
お姉ちゃんなのに

そういった扱いを
今でもちょいちょい
されているように感じる…



それは私が
トラウマから勝手に作り上げた
妄想にすぎないのかもしれないけれど。



妹と話をしていた時に
妹からこんな話を聞きました。


「多分、私が3歳くらいで
お姉ちゃんとお兄ちゃんが
二人正座させられてて
何かで叩かれてた

外にも出されて鍵も全部閉められて
中に入れないようにされてた

すごく衝撃的で、今も覚えてる。」



自分だって、子供育ててる時は
そんなんやってたんじゃん。


それなのに

「お母さんはそんなんじゃなかった!」

って責められても…


………ねぇ。