読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた。

ネクラな母ちゃん。涙で明日が見えない。

いつも、心に、青空を。

初めて、君から手紙が届いた。

白い便箋に、君の文字。


ああ、そうだ。
君は
とてもじゃないけれど
字が上手とは言えなかったね。


だけど、はっきりと。


君の気持ちが。
そこに。




泣きながら、目が覚めた。



いつもそう。

君の夢は優しすぎて
目が覚めると、私は泣いているんだ。



もう夢の中でしか会えない君が

あの頃と変わらずに微笑んでいて。

悲しかったことなんて一度もない。



いつも、幸せすぎて

涙が出る。



あんなに幸せな手紙を
夢の中にまで届けに来てくれて
ありがとう。



もしかしたら
君は今、幸せなのかもしれないね。



その知らせだったのかな。

もう、来てくれないのかな。



自分で出した
答えだったのに。



大切すぎて
一緒になんてなれなかった。


あまりにも、大切すぎて。