読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた。

ネクラな母ちゃん。涙で明日が見えない。

これもまた、運命なのだろう。

君は死んでしまったのではなく
生まれてきてくれたのだと思いたい

小さな小さな
わたしの赤ちゃん

まだ目にも見えないくらいの
尊くて、儚い命




待望の第二子を授かったものの

先週の水曜日に出血がはじまり

ついに昨日
大量出血をしてしまいました。



水曜日に診察してもらった時は
心音も、姿も確認できず。
妊娠6週でした。


『まだ小さいから見えないかな~
妊娠はしてるんだけどね。
出産予定は6月半ばですね。』


少量の出血は妊娠初期にはよくあること。

真っ赤な出血や腹痛があったら
次の検診前でもいいので来るように。

そう先生に言われ
期待と不安を抱きながら
なるべく安静にして過ごしていました。


そして昨日、日曜日の夜。

恐れていた事態に。


異常な腹痛と腰痛が続き

陣痛のはじまりのような状態から大量出血

その後の今では

すっかり痛みがなくなりました。



わたしの不安が伝わってしまったのかな。

赤ちゃんを信じてあげられなかった罰なのかな。


あなたが生まれたであろう

未だ見ぬ世界を思い描いては

涙が止まりません。


さっきの出血の中に見つけた

きっと赤ちゃんがいたであろう

夢のカケラを持って

明日は病院に行ってきます。