読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた。

ネクラな母ちゃん。涙で明日が見えない。

豊かな心の芽

 

マクドナルドのハッピーセットの玩具が

現在、機関車トーマスシリーズということで

娘、私、主人が2セット(たくさん食べるので)

合計4セット買いました

 

トーマスシリーズ6種のうち

結果は…

 
f:id:tantanmen3744:20170221211523j:image

 

トーマス パーシー 1つずつ

ヒロ 2つ でした

 

ジェームスは

以前のハッピーセットのものです

 

ヒロがかぶってしまったか~と

主人と私は苦笑いでしたが

娘は『同じの2つだー!やったー!』

と、意外な反応をみせました

 

どうせ買うなら違う種類が良い! と

欲張ってしまうのは私達大人であって

子供である娘には

同じ物でも喜べる純粋さがあるのだと

なんだか嬉しくなりました

 

そういえば

 

土曜日に購入したとき

お昼の時間帯だったため

店内もドライブスルーも大混雑

 

提供待ちの人もたくさんいる中

とても慌ただしい状況下で

姉妹2人を連れた母親が

まだ未開封の玩具を持って

(女の子の玩具はマイメロディ6種です)

『この玩具が欲しいからこっちにしてください』

と、店員の1人に声をかけていました

 

私もその時娘を連れていましたが

他にも子供連れのお客さんがたくさん待っているなか

選べない玩具と知って購入しているはずなのに

堂々と『交換してください』 と

 

オーダーも提供も追い付かないような忙しい状況で

さすがの店員さんも困っていましたが

対応してあげていました

 

その母親は終始

申し訳なさそうな態度などひとつも見せず

店員が交換している間に

子ども達を残して去っていきました

 

その母親の様子からするに

 希望通りにすれば子供は満足なんだろう?

と言わんばかりの態度だったので

子どもに対する甘やかしというより

ただの親の怠慢に感じてしまいました

 

『え、選べないよね?』

と、その場にいた人たちも皆ザワついていて

私もそういった場面に出くわしたのは始めてで

開いた口がふさがりませんでした

 

その親子の間で

どのようなやりとりがあったのかは

知るよしもありませんが

 未開封で交換して欲しいと言うくらいだから

どうしてもそれが欲しかったのでしょう

 

しかしながら

それを親が良しとしてしまったら

子供は

なんでも自分の思うようにいくのが当たり前って

感覚になってしまうのではないかなぁ…

 

何が出るかはお楽しみ!の

ワクワクする感覚

希望と違ってガッカリしたり

諦めきれない感覚

次に希望通りになった時の嬉しい感覚

 

そういったあらゆる感覚の芽を

親が摘んでしまったら

果たして心豊かに育っていけるのだろうか?

 

 

その親子の真意は分からないので

もしかしたら

子どもの希望を叶えるためなら

そんな周りの目なんて気にならないわ!

といった気持ちからの行動だったかもしれませんが

 

そうだったとしても大半の人たちが

それは 甘やかしだ と感じたでしょう

 

そして

『あの子達は甘やかされて育っている』と

勝手にレッテルを貼られてしまうのです

 

子どもの希望を叶えてあげたい気持ちは

親としてよく分かりますが

叶えてあげるのではなく

自分自身で叶えられる力を育ててあげるほうが

子どものためにもなるのではないかと

 

そして少なからず私も

叶えてあげる親になってしまっている

ということに気が付きました

 

なぜハッピーセットを4つにしたのか

 

それは私が

買うなら全部ハッピーセットにして

4つもあればどれかは希望に合ったものが

当たるだろう

 

そう思ったからです

 

でも、娘には 1つあれば充分で

どの種類だったとしても

その1つで喜んでくれていたに違いないのです

 

 

人の振り見て我が振り直せ

 

そんなことを考えた一件でした